若者の自立を考える親と地域のためのセミナー

2018年度JT NPO助成事業

若者が置かれている現状について考察を踏まえ、若者の就労や自立を促し、将来安定した生活基盤を築くための方策について理解を深めるセミナーを開催いたします。

「タイトル」
とき:2018年10月27日(土)13:30~16:30
ところ:郡山市民交流センター大会議室(ビッグアイ7F)
講師:関水徹平(せきみずてっぺい)氏

—image—

横浜市出身。早稲田大学第一文学部を卒業後、同大学院文学研究科に進学、 2011年、同博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。 早稲田大学文学学術院助手、同非常勤講師、立正大学社会福祉学部専任講師を経て、現在、立正大学社会福祉学部准教授。ひきこもりを経験した方へのインタビュー調査などをおこない、若者と社会の関わりについて社会学の立場から研究してきた。主な著書に『独身・無職者のリアル』(2013年、扶桑社)、『「ひきこもり」経験の社会学』(2016年、左右社)。

定員200名
参加無料

【タイムスケジュール】
13:00 受付開始
13:30 主催者挨拶及び講師紹介
13:45~16:30 基調講演及びトークセッション

【申し込み】


お名前 (※必須)



メールアドレス (※必須)



住所 (※必須)



電話番号



性別
男性女性


所属
保護者一般学校支援者同友会その他



うまく送信できない場合は必要事項を記入の上、 ippo@npocd.jp までメールを送信してください。